ここ数日、学習意欲が高い。

 

 

「地の果てへの旅」を読んでから学習意欲が高くなった。

僕は、まだまだ知らないことだらけなんだと思い知らされた。

もっと最先端で勉強してみたい、自分がそこまで行けるのか分からないけど

そうなりたいと思った。

 

 

地の果てへの旅を読んで

 

 

語りえぬものはについては、われわれは沈黙すべきであるのではなく

語りえぬものについては、想像力を働かせるべきだ

 

 

ある方のブログにおすすめの本として、「地の果てへの旅-What We Cannnot Know マーカス・デュ・ソートイ」が紹介されていた。

著者は数学を専門とされている方で、オクスフォード大学のシモニーという役職についている。

シモニーとは、一般に科学教養を啓蒙することを目的としており、前任者はかの有名なリチャード・ドーキンスであった。

本の内容としては、2018年出版ではあるが、現在の科学が知りえぬことについて、それまでの経緯、著者の数学的アプローチに対する考察など、難しい専門用語が出てくることもあるが、中学理科の教養があれば十分に理解できる内容となっている。

また、著者の各専門分野の有識者にインタビューする際の真摯で誠実な姿勢に共感するるのである。

 

大学進学をしなかった、自分としては高校卒業してから世界について何か知らないのではないかという不安がいつもつきまとっていた。

現在の科学の最先端では何が行われているのか、何が知りえないのか、科学と宗教の対立はどうなったのか、いままで科学はどうやって積みあがってきたのか。

高校レベルの知識では、漠然と教科書の内容を記憶していただけで、いかに科学の手法がここまで世界に浸透するようになったのかが、自分の中で腑に落ちていなかった。

あの時に、ちゃんと大学にいっていれば、そんな後悔がずっとあった。

もちろん、あの時の思考の選択は当時の自分の限界でもあったし、外的な要因も多分に影響していたため、不可抗力として受け止めていた。

だが、やはり何かが足りない。

世界についての知識が不足している、そういう感情はずっと残っていた。

 

そして、先日、この本に出会ったのだった。

衝撃だった。私が知りたかったことがすべて書かれていた。

教養の足りない自分にも分かりやすく、カオス理論、量子力学、時間と空間、意識の問題。

それらが、ちゃんと理解したわけではないが、現代科学の問題について概略を把握することができたのだった。

そして、不可知に対する態度とどう向き合うのかについて、考えさせられた。

 

私は、昔に不可知論と出会ったとき、敗北主義に偏ってしまった。

人がすべてを知りえぬことについて、また真実を知るということができないことについて、そこからさらに1歩先に行ける勇気がなかったのである。

その時の、世界は真実が存在していて、それを自分は知ることができると信じていた。

だから、ヒトは必ずしも真実を知りえぬと言われたとき、厳密にはそういう考え方もあると読んだ時、いわゆる消極的不可知論におちいってしまったのである。

つまりは、知りえぬのなら誰かに任せればいい、放置しておく。そういう態度である。

自分は、怖かったのである。そこから先を知ろうとしても、限界があることや歴史の批判に耐えらえることができるのか、何かできることがあるのか?

そういった事を考えるリソースが当時の自分にはなかったし、勇気もなかった。

 

しかし、この本を読んだ時に、著者は不可知論としての向き合い方として自説を教えてくれた。

無神論者としての立場をとっている著者は、不可知と対面した時、そこに隙間の神を埋めるのではなく、想像力を働かせろ言う。

科学とは、いつでも時代に受け入れられてきたわけではなく、当時は受け入れられなかったモデルから今でも進歩してきた。

つまり、今の不可知に対して、逃げる、放置する、あきらめるというのは敗北主義なのである。

もちろん、神を信仰することや、不可知を許容することが全くの負けではない。

そうして、折り合いをつけていくことで人生を豊かに生きることができるのは自明である。

 

だが、自分の身に置き換えたときに私は、知りたいと思ったのである。

いや、何かを見つける努力は今でもできるのだと、勇気づけられたのである。

だから、私は何が分からないのか知るために、大学に行くことを検討しているのだった。

YouTUBEのあなたへのおすすめについて

 

YouTUBEのおすすめ動画ってありますよね。

トップ画面に並んでいる、たぶんYouTUBE内のアルゴリズムで計算されたものが表示されてると思うんですよね。

今日は、それがちょっと怖いなあと思ったので書いてみたいと思いました。

 

事の発端は、昨日ぐらいにたまたま「ひろゆき」さんの切り抜き動画を視聴したことから始まりました。

自分は、ああいう方。発言に鋭さがあったり、教祖的な感じに祭り上げられてる人ってちょっと怖いなあと思うので、あまり動画とか発言とか気にしてこなかったのであります。

影響力がすごい方なので、乱されるのは少しいやだなあと思うところがあったのだと思います。

そんな風に、生きていたわけなのですが、昨日動画を1つ見た時からなんだか怖い連鎖が始まった訳なのです。

 

YouTUBEを普段からよくお使いの方なら分かると思われるのですが、トップ画面に表示される動画って前回みた動画と関連する動画が表示されるんですよね。

つまりは、駅前周辺の1等地にお店を出すことと一緒で、トップ画面の動画って否が応でも目につくのであります。

目につくということは、なにかしらの影響がそもそも自分に起こるということで、そしてサムネイルとタイトルをみた暁には、肯定か否定かを問われるステップまできてしまう訳です。

そうなると、大変であります。

当方は、なるべく影響を受けたくないなあと思いながら過ごして身分ですので、今まで「ひろゆき」さんに対する思いは、日常生活の中でほぼ想起することはありませんでした。

しかし、たまたま1つ動画見ただけで、なんとYouTUBEを開くたびに、広告として目に映るわけです。

そして、動画というのは巧みに視聴するようさまざまな工夫がされているものでして、当方はしばらくその動画たちを見ていた次第であります。

 

ここで、ふと疑問に思ったのが、エコーチェンバーという現象であります。

以前、ネットでも取沙汰されていたかと思われます。

最近、あまり聞かなくなってしまいましたが。。。

要は、私たちは意図的にせよ意図しないにも関わらず、YouTUBE側のアルゴリズムによってある程度の宣伝効果をそのままにしすぎているのではないかということです。

もちろん、そんなの知っているよとか、トップ画面に表示されたからといって、必ずしも動画を見るわけではないことは知っております。

しかし、動画を見る見ないではなく、そもそも表示されるということが、広告としてすごく閉鎖的になるのではないかと思ったのであります。

悪い意味で言うとです。

いい意味を考えてみますと、関連する動画を見続けることができるので、その分野を勉強していたり、お気に入りチャンネルについてもっと知りたいという方にはいいのかもしれません。

 

ですが、ここで言いたいのは、自分のような影響力が強い方に接触すると、それにやられてしまうような人たちについて、少し懸念があったのであります。

恥ずかしい話、「ひろゆき」さんの話を聞いていると一瞬、彼の信者になったような錯覚を2,3本の動画を見ただけで受けたのです。

信者になることが悪いということではなく、自分自身がなにかに盲目的に信ずるのは怖いなと思うのであり、否定するわけではありません。

そういう思想が、人より少し苦手というだけです。

 

という訳で、影響力が強い方というのはそれだけで吸引力が強いのだなと実感しましたとともに、YouTUBEは巧にでできあがっているのだなと感心させられたのでありました。

何もない自分を受け入れる

 

昔は自分が嫌いだった。

 

休日いかがお過ごしでしょうか?

自分は何もない日々をそれなりに過ごして、毎日を怠惰に過ごしております。

ずっと家から出ないのも体の調子が悪いので、今日は近所の大きな公園で日光浴でもしようかと考えました。

これでも一応、運動はそれなりにする生活を送っております。

 

驚いたことがあるのですが、久しぶりに家から出ると、こんなに暑かったのかとびっくりです。

さて、なんとなくぶらぶら公園を歩いていると、やはり休日の公園ということで家族連れがもりもりおりました。

みなさま、GWでも外出したい欲をここで発散させているのでしょうね。

大変すばらしい心がけだと思っております。

小さい子がお父さんやお母さんと一緒に歩いている姿を見ると、なんともほほえましいものがあります。

大変なこともたくさんあるのでしょうけど、それすらも楽しいのでしょうね。

 

家族と聞くと、当方は少し心が痛くなる言葉でして、あまり明るいイメージはありません。

先に薄暗いイメージがくるのは、自分の家庭環境があまりよろしくなかったからなのでしょうか。

詳しいことは分かりませんが、手放しには喜べないなにかがそこには潜んでいるのだと思います。

 

 

自分には縁のない家族というものですが、世間的には今でも家族を作ることが幸せだと宣伝しているのでしょうか?

自分はそれから全く外れた人生を歩んでおりますので、この現代においてもそのような宣伝はやめてほしいものです。

生きるのがへたくそ

 

生きるのがへたくそだなと、感じる時が時々あります。

 

 

初めに断っておきたいのですが、自分の不幸自慢であったり自己憐憫に陥ろうとしているわけではありません。

単純に、自分という人間を時々観察しているともうちょっとうまく人生を生きられないのだろうかと、考えるからです。

なので、今日はなんとなくこの生き下手さについて、少し考えてみたいなと思った次第なのです。

特に結論が出るわけでもなく、少し考察してみたというレベルの話なので、オチも劇的な気づきもないと思います。

そういうことで、少しお目目を汚してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。

 

【議題】

①どうして生き下手になってしまったのか?

②これからどうするのか?克服するのか?ほっておくのか?

 

①どうして生き下手になってしまったのか?

生きるのが下手くそというのは、少しばかりざっくりしている言葉ですので、僕が思う生きるのが下手くそについて実例とともに、言葉の定義を決めていきたいと思います。

単純に言ってしまうと

「人間関係がほぼない」状態

だと僕は思っています。

僕が考える生き下手というのは人間関係のよしあしに関係していると考えます。

それは人間関係の悩みなんじゃないか?と聞こえそうですが、まさしくその通りだとも言えます。

自分以外の人間と接点がないこと、そしてそれで完結していること。

一見一人だけで生きていそうですので、生き上手に見えますが、僕の実感からしてそんなことはありません。

 

人は人との関わりの中で生きていると、そう聞きました。随分昔の話です。

人間関係から断絶している状態というのは、少しひどい言葉を使用すると精神が麻痺している状態に似ています。

虚無を見つめている感じでしょうか。

なにか義務がないと落ち着かない。いたずらに課題を求めて、それを達成することに喜びを見出そうとしているといった感じです。

自分の欲求というものが欠落しているような感じなのです。

ここで、少し自分のステータスを披露させていただきますと

年齢:29

友達:0人

家族仲:ほぼ断絶

仕事:会社員

といった具合でして、仕事以外での人間関係はほぞ0に近しいと、考えます。

こうして書いていると、自分がとても寂しそうな人間に見えますが、当方はそこまで寂しさというものを感じてはいません。

生まれてからずっとこの状態が続いて生きた訳ではなく、あるタイミングでこの状態になるよう自分から仕向けたと自負しているからなのです。

そう考えるよう仕向けたと言っていいかもしれません。

まあ、なんのタイミングでそうなったというのは今回の議題から外れてしまうので、割愛させていただきまして、考えるべきは人間関係を断絶しているとどうなるのか?という点に注目していきましょう。

 

みなさんなら分かるかもしれませんが、友達や家族というのは意識的に自分から切ろうとする行動をしなければ、わりと自然にできあがっていくものです。

わざわざ関係を意識的に築き上げようとするものでもなく、なんとなく一緒にいるうちに友達になっていったりしてしまうものでしょう。

僕は、それを意識的にやめていました。

人との関係がダメになった、面倒になった、苦手になった、疲れた。

色々言葉はあるかと思われますが、信じられなくなった。

そういった言葉がしっくりとくるかもしれません。

 もとよりそういう人間だったのでは?と思うかもしれませんが、当方小学校から高校卒業まである程度友達もおりましたことを記憶しております。

 

さて人間関係がほぼないと、どうして生きるのが下手くそなのか?

それは人間が人との関りを無意識でも意識的にでも求めているようになっているのではと、最近考えています。

もちろん、人は社会的動物ですし、さまざまな本でも人との交流が脳科学的にみても有用なことは明らかであります。

ですが、僕はそれをしたくないと考えてしまいました。

自分もそこまで馬鹿ではありませんので、それから生ずるデメリットについてもある程度予想がついていたものだと思っております。

実際、人と関わることで消費されるエネルギーというのは、自分でもかなり消費されていることを、時々発生するイベントで痛感するところであります。

そして、まさに人間関係から生ずるそういった、苦しみも喜びも、自分は放棄してしまった。

そう言えるのかもしれません。

それこそ、生きるということに関して放棄しているのと同義であると思っております。

 

②こらからどうするのか?

どうもしません。

当方、今のところあまり不便さを感じておりません。それと同時になにかしらの楽しみも失っているとは思いますが。。

今更、方針転換するのもなんだかなあと考える次第であります。

世界に対するとらえ方というのは、人それぞれなのだと思いますが、僕は人となるべく接しないような生き方を選んでいる。

そういった結論になりそうなのです。

それが良いか悪いかは、とりあえず考えないでおくとして、生きるのがへたというのはそういうことなのではないかと、思った次第です。

 

 

しあわせの隠れ場所について

 

いまさらだが、Netflixでふと目にした懐かしいタイトルが目に留まった。

少し古いがとても切ない気持ちがこみあげてくる。

見る前から絶対泣いてしまうことは予想ついていたが、始まったばかりのGWの初日に時間をつぶすにはもってこいのタイトルだった。

 

初めに言ってしまうと、僕は最初この映画であまり感動しなかった。

たぶんまだ高校生ぐらいだったと記憶しているが、なにが感動できるのか全然理解できなかった。

主演のサンドラ・ブロックを目当てに見ていたと思っている。

良くヒューマン映画の一緒であり、どこかで見た記憶があるようなシナリオだと思っていたかもしれない。

 

しかし、時がたつにつれ、僕はこの映画をそれこそ何回も見ていた。

ある時は、家族関係でうまくいっていなかった時。

ある時は、一人暮らしを初めて暇な時間ができた時。

そうやって時間お積み重ねてこの映画を見ていくと、最初と抱いていた時とは全然違う感想を抱いていることに気づいていた。

僕は、たぶん最初この映画の子供目線でしか見ていなかった。

彼がどうやって家族として受け入れられていくのか。

どうやって成長していくのか。

そういう面でしか見れていなかったのだと思う。

だけど違った。これは大人の物語だった。

サンドラ・ブロックの物語だった。

この映画は、アカデミー賞を受賞していたとおり、彼女の演技がなければだめなんだと初めて気づいた。

 

彼女の厳しさ優しさがこの映画の雰囲気とここまでマッチしていなければ全然違う評価の話になっていのではないかと思うのである。

 

嫌われる勇気を読んで

 

いまさら「嫌われる勇気」を読んで、何を書くことがあるのかと疑問に思うかもしれない。

もちろん、自分も何某かの思考が浮かぶとは思っていなかった。

何回も読んだ本であるし、最近では読むことすらなくなっていた。

だが、ときどきなぜか心惹かれる気持ちが湧き上がってくる。

それはなにか大切なことが書いてあったんじゃないかとか、見落としていたことがあるんじゃないかという些細な疑問である。

そういった小さな引っ掛かりが今日もまた、「嫌われる勇気」へと自分を導いたのだろう。

 

最初に読んだときはいつだったか思い出せないが、出版されてから割とすぐに読んだことは覚えている。

そのときは、よくある自己啓発本としては分かりやすくうさん臭さがないなあという印象だった。

文章自体も対話形式であるし、変な押し付けがましいところがないことが気に入っていた。

読んだ当初は、色々仕事も人間関係も割と順調だったので別に大して啓発を受けていなかった。

よくあるビジネス書の一種で、売れるだけの要素はあったけど、自分にはそこまで大切な本になるとはあまり思っていなかった。

 

今日、久しぶりに読んだ。

そうすると僕がなぜこの本に影響されなかったのかが分かった気がした。

というより自分がなぜ今の生活にあまり満足していないかということを理解した。

この本の中で「優越性の追求」という言葉がでてくるが、そこの説明でこう言っている。

 

「自らの足を一歩前に踏み出す意思であって、他者より上を目指さんとする競争の意志ではありません」

 

ここでは、優越性の追求に対して、他者を蹴落とそうとすることを述べているのではなく理想の自分との比較に基づいて前に進むことであると説明している。

そこで、僕は気づいてしまった。

たぶん、僕はこの先人生をちゃんと生きようという意思がなかった。

理想とする自分という像に対して、僕は人生を自分で終わらせるという結末を用意していた。

どうしてそういう結論を出そうとしていかとかは、長くなるからここでは書かないが

僕の根底にある思考として、自分の人生をいつでも終わらせるということがあることに気づいていた。

僕は前を進もうとする意志を持ち合わせていないんじゃないかと久しぶりに気づいたのである。